投稿

イメージ
岡山県での仕事の合間、倉敷市美観地区を訪れました。
尊敬する故星野仙一さんの記念館があり覗いてみると、御本人の「夢」という文字が刻まれ、館内にも多くの色紙がありました。「夢はかなえるもの」。

 夢について、自分の年になって考えると、漠然としてしまいます。
「世界一周旅行?」「地球征服?」「人類平和?」「宝くじ当選?」俗っぽいですね。

 それでも、かなう、かなわないは別にして、「夢」を想像することはウキウキします。しかし幼少期から何も目標のない自分は「夢」ってなんだろう?と疑問を抱きながら星野さんの優勝胴上げパネルを眺めていました。

 平成最後の師走です。時代は回ります。これからもいい夢をみようじゃあありませんか。
あばよ~ いい夢みろよ!   柳沢慎吾
I have a dream            キング牧師

2018年 12月 代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
梅雨になりました。 久々のつぶやき、さぼっててすみません。カラッといきましょう。
ここ数年はスポーツのシーズンですね。サッカーのW杯、ラグビーの世界選手権、そして東京オリンピック・パラリンピック。さまざまな人々が集まってきます。人種も言語も文化もいろいろです。
でも思うことがあります。人間の共通のコミュニケーションは「笑顔」ではないでしょうか。言葉が通じなくても、互いに笑顔があれば、その場は和やかになります。もしかしたら言語よりさまざまな人をつなげるものかもしれません。

これは仕事でも同じでしょう。建設現場は危険をともないます。緊張は不可欠です。しかし、緊張しすぎるのも、作業に携わる人のプレッシャーになります。休憩時間ぐらい、みんな笑顔になりませんか。心の余裕は体の余裕にもつながると思っています。

笑いは健康にも良いらしいですね。コミュニケーションは人種を超えてとても大切。いちばん手軽、というか、みんなをつなぎ合わせるのが笑顔。じめじめした季節になりましたが、みなさん表情をやわらげていきましょう。大げさかもしれませんが、いまの世界情勢を考えると、笑いは世界平和にもつながるのではないでしょうか。
2018年 6月
代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
「職人」ーーいい言葉ですよね。

 伝統工芸や和菓子など日本文化ともいえる人々です。
作家というよりも”用の美″の追求といった感じですかね。(しみじみ・・・)

 ただ、工芸やお菓子といったものを生み出す人だけが職人ではありません。
日本の産業を発展させてきた多くの職人がいるのです。
自動車をとってみても板金、塗装、修理などにも特殊な技術がいります。その作業に必要な道具にも、さまざまなアイデアが込められています。

大きな重機の運転手も職人です。特にクレーンオペレーター。
長年の経験がものをいう仕事です。

 高齢で元気なかたは、まさしく「マイスター」です。もちろんそこに至る道は大変です。
途中で挫折する人が多いのも事実です。
だけど、こう思うのです。若い人にとって、長年仕事でき「マイスター」にまでなれる職種はそうそうあるものではありません。
 日本は技術立国であると同時に職人立国です。日本をより豊かな国にするために一緒に頑張りませんか。私たちからのエールです。
(スゴ~イデスネ視察団を見ちゃったからね~)

2017年 11月
代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
暦の上ではまもなく夏。新社会人のみなさん、どうですか。色々あると思います。自分もそうでしたから・・・

 社会は人と人との距離感がとても大切なんです。ここテストにでますよ!
田中角栄元総理は「相手との間が大切。イノシシのように一本調子ではだめ」と述べています。
他人の思い、感じ方に配慮しなさいーということだと思うんですよ。例えばリュックを背負ったまま、通勤列車に乗ると、他の人の邪魔になって迷惑だよね。相手のことを考える、これが”間”じゃないでしょうか。

 もう転職を考えている人もいるかも。でもね「人は働けるからこそ幸せ」みんなと協力してなにかを達成する、これが喜び。時間がかかります。スキル、人脈・・・つまりキャリア。
それは人間の成長に繋がるし、お金(給料)にも影響していきます。

 会社は頑張る人をバックアップします。会社は従業員の幸せを提供する場。自分も人を信じ、社員にも信じてもらうことで、一緒に進化しようと日々、努力していきます。

 ふと思ったのですが、平和島競艇に行ったことあります?ギャンブルですよ。みんな選手を信頼して楽しんでいる。これも人間同士の関係ですよ。勝って泣き、負けて泣く。人情だよな~。
よし、今から行くぞ!大穴狙ったる!35億!(依存症になったらだめよ)

2017年 4月
代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
今年も残りわずか。
何かにつけて行事が多く慌ただしい日々を過ごしております。
ついつい忙しさにかまけて、自分のことしか目に見えなくなる状態になりませんか?

時間に追われている時ほど、人との付き合い方が大切になると思います。
自己中心的にならず、人のこともおもんぱかる。これでその後の他人の評価も変わってくると思います。

武田信玄が言っていましたかな?(実際には聞いてないけど・・・)。

「信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ」


戦国時代最強とうたわれた信玄は、戦うよりもまず、人を重視したのでしょうね。

状況を冷静に分析しつつ、でも、相手の気持ちは考える。
仕事はもちろんのことですが、友情や恋愛にも結び付く言葉じゃないかなぁと(遠い目)
やっぱり、すべては「愛」ですよ!「愛」
これがなくちゃ、自分を見失ってしまいますよね。
あっ、それに「尊敬」これも大切ですね。

宣言しましょう。荏原重機は来年も「愛」「尊敬」をテーマにばく進しますよ。
オリンピックにも役に立ちますよ。

男子三日会わざれば括目して見よ!
はい、ちゅうも~く。(金八先生調)俺たちから目をはなすなよ。風林火山だよ。
八時だよ全員集合~。
日々成長していきますから。
来年もよろしく!

2016年 12月
代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
今年はアツい!気温だけじゃないですよ。
リオでのオリンピック、甲子園の高校野球選手権大会。
連日、嬉しいニュース、悔しいニュースが飛び込んできましたねぇ。
陸上400Mリレー、競泳、卓球、バトミントン、大逆転劇―これぞ真剣勝負。
7人制ラグビーは「ジャイアントキリング」で興奮したな~。

考えてみれば、スポーツだけじゃなかったですね。その前に東京都知事選挙がありました。
忘れていましたよ(笑)。やっぱりスポーツの熱狂度に選挙はかなわないってことですかね。
結果も予想以上だったし・・・。さらに4年後の東京五輪は盛り上がってもらいましょう。

そうそう、アメリカの大統領選挙も世界が注目しています。トランプさんVSヒラリーさん
どうなるのでしょう。ここでもジャイアントキリング?となると・・・まさか・・・ないない。

選挙の勝ち負けは尾を引きますが、スポーツは違いますね。実にすがすがしい。
勝者と敗者は紙一重です。どちらも美しい感動をありがとうございました。

  ―失敗?これはうまくいかないということを確認した成功だよ。    トーマス・エジソン


2016年 8月 代表取締役社長 庄野達哉
イメージ
春ですね。今年も桜を楽しみました。
それ以上に楽しかったのが、選抜高校野球です。
野球ファンとしては、桜よりも球児のはつらつとした動きが、
春の便りかもしれません。

負けたチームはさぞ悔しいことと思います。
でも、春は夏の全国大会のための第一歩ではないでしょうか。
夏の大会は過酷です。県予選を何試合も勝ち抜いて、
やっと一校が甲子園の切符を手に入れる―。

超高校級の選手がいても、簡単に勝ち進めるものではありません。
すべてのメンバーが春よりも数段レベルアップし、
チームとしての絆をより深めなければなりません。

今年2月、荏原重機は本社を移転しました。
新人も入ってきました。いろいろなことを経験し、
多くの知識を身に着けると同時に、チームプレーの大切さを学んでほしいです。
この業界、厳しくつらいことがいっぱいです。
しかし、それが自分のスキルアップのために、会社のために、ひいては
日本の活力にもつながると信じています。

春から太陽がまぶしい夏へ、季節は移り替わります。
季節とともにたくましくなっていってほしいですね。

         「一年の希望は春が決める」   by中国のえ~っと誰だったかなぁ・・・ことわざ


2016年 4月 代表取締役社長 庄野達哉